SECTヒーターとは

SECTヒーターは鋼管発熱式の電気ヒーターです。他の電気式ヒーターに比べ省電力・高効率な運用が可能で、寒冷地の融雪・凍結防止に有効な設備です。

特徴

1).機械的強度が大きく、寿命が半永久的
・発熱体が鋼管であるため機械的強度が大きく、コンクリートに亀裂が応じても支障がない。
・そのため、鋼管内の電線は絶縁不良や断線が非常に少なく安全で寿命が半永久的。


2).補修が簡単
・万一鋼管内の電線に絶縁不良が生じても、全面コンクリートを壊すことがない。
・端末箱より電線の引替ができ、補修が容易で補修費も少なくて済む。


3).電源工事が格安
・広布設面積においても他の電気ヒーターに比べて供給箇所が少なく、電源工事費が格安。


4).均一加熱と気象条件適合
・電気加熱方式であるためヒーター布設の長短にかかわらず均一加熱が可能。
・気象条件に合わせて専用変換器の供給電圧を可変にすることが可能。


5).省エネルギーで経済的
・SECT鋼管は直接加熱体であるため、熱伝導が良く省エネルギー。
・温度上昇も早く年間の融雪時間も短縮され、経済的。


発熱原理

 図のようにSECT鋼管に特殊耐熱絶縁電線を挿入して商用電源に導き電気回路を形成します。
 この状態で電源により電線に交流の電流を流すとSECT鋼管には交流電流による交番磁束でうず電流が発生します。
 このうず電流の流れは電気作用による表皮効果でSECT鋼管の内面に集中して流れ、SECT鋼管の外面には電流が流れず電気的な絶縁層を形成するので漏電の心配藻なく安心です。
 発熱はこのSECT鋼管の内面に集中して流れる2次側循環電流{うず電流のジュール熱}で生じます。

融雪状況

ロードヒーター

一般国道


一般国道横断歩道橋@

一般国道横断歩道橋A

一般国道横断歩道橋B

パネルヒーター

写真:東日本旅客鉄道(株) 新庄駅仕業庫前扉

その他のヒーター

高速道路トンネル上部雪屁防止


SECTヒーターに関するお問い合わせはこちら

本社工場