商品概要

〜動力伝達効率98%・位置決め分野で±2秒の超精密性を実現〜

 近年、エレクトロニクスの発展は著しいものがあり、メカトロニクスにおいて、機械系の高速、高効率、高精度化が強く要望されています。 ネモトドライブシステムは、直交系回転軸駆動部における、従来の歯車伝達機構の欠点を解決すべく、

  • (1).歯車の構造上、必要なバックラッシュの除去。
  • (2).歯面摩耗時に生ずるバックラッシュの除去。
  • (3).低速から高速域まで高範囲における伝達効率の向上。
  • (4).加減速運転時における追従性の向上。
  • (5).回転精度の向上。

を目的として、研究、開発が行なわれました。
 基礎研究において、当初の目標をほぼ達成し、本格的な応用研究時にこの機構の技術的内容を最高技術諮問機関である通産省・工業技術院に高く評価して戴き、「重要技術研究開発費補助金」制度の対象となりました。
 結果的には「超精密動力伝達機構」の分野で位置決め分野で±2秒、「高効率動力伝達機構」の分野で動力伝達効率98%という驚異的な成果を収めました。この機構は世界12ヶ国へ特許取得済みです。

特長

1).バックラッシュ‘ゼロ’
 NDSロータリーユニットは1つ1つのローラーユニットが適正な予圧を与えられて接触しているため、バックラッシュゼロを維持できる構造となっています。


2).自動バックラッシュ補正
 NDSロータリーユニットは単独のローラーユニットにおいてもバックラッシュゼロを維持できる構造であるため、寿命期間中メンテナンスフリーにて精度の維持が可能です。


3).自由自在な高速位置決め
 NDSロータリーユニットは精密コロガリ伝達機構による連続回転運動であるため、正・逆回転、高速運転が可能です。通常のインデックスユニットとは異なり、ステッピングモーター、サーボモーター等により位置決めをするため、カムにおける停留部が必要なく高速位置決めを可能とします。


4).高精度、高繰り返し精度
 NDSロータリーユニットは精密加工された鼓形スクリューとロータリーユニットの組み合わせのため高精度の回転を得ることができます。回転精度±30秒(arc,sec)繰り返し位置決め精度±5秒が標準です。


5).高剛性
 NDSロータリーユニットは鼓形スクリューのテーパー溝部にテーパーローラーが噛み合う構造であるため、他の精密減速機に較べ高い捻れ剛性を持っています。


6).全回転速度域における効率の安定、高応答性
 NDSロータリーユニットはコロガリ伝達のため、高い効率を得られます。精度維持のため、予圧を与えられながら回転しますが、低速から高速域まで安定した効率を得られ、応答性に優れています。


7).最適な減速比の選択
 NDSロータリーユニットは各種の減速比を容易に構成できるため、同一機種にて数種の減速比のユニットがあり、使用条件に見合った最適な減速比を選択することができます。


仕様

RUシリーズ
仕様・寸法図[PDF]

HRUシリーズ
仕様・寸法図[PDF]

SRUシリーズ
仕様・寸法図[PDF]

導入事例


名称:工作機械用減速機
概要:工作機械などのテーブル送り


名称:可変軸装置
概要:ゴムの曲がり管を連続で製造するための装置


名称:NCカシメ装置
概要:高圧用ホースの口金をカシメるための装置


名称:精密スクリュージャッキ
概要:加工、検査用のNC割り出し装置


名称:研磨用高速円テーブル
概要:レンズ等の研磨用超精密回転装置


名称:NCテーブル
概要:直線方向での超精密位置決め装置


名称:衛星追尾送受信装置
概要:周回衛星との送受信を行うための装置


その他、多種多用途に利用されております。お問い合わせはこちら

本社工場